サイトトップ 前の画面に戻る
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する
2009.08.14.更新

ロコと太陽のカンケイ

切っても切り離せないハワイと太陽

ハワイの魅力のひとつ、いつもそこにある太陽とは、うまくお付き合いしたいもの。
ハワイの魅力のひとつ、いつもそこにある太陽とは、うまくお付き合いしたいもの。
常夏、とは言ってもゆるやかな季節の移り変わりはあるハワイですが、一年中太陽が燦々と照りつけるのは確か。日本からハワイに遊びに来る人たちの中にも「思いっきり焼くぞ!」という人もいれば、「日焼けに気をつけなくちゃ」という人もいると思いますが、ハワイに暮らすロコたちの間でも、太陽との付き合い方は人それぞれです。

まずは「太陽大好き!」「日焼けがトレードマーク!」という人たち。日々の生活の一部としてサーフィンなどのマリンスポーツを楽しむ人はもちろん、ヒマさえあればビーチへ出かけて寝っころがって焼く、という人もいます。何世代にも渡ってハワイに住んでいる人たちには、このグループに属する人が多いよう。積極的に焼かなくても、「焼けちゃうのは当たり前」という感覚もあるようです。

一方「できるだけ焼きたくない!」という人たちもいます。アジア系など、「美白」が気になる国の女性の中には、日焼けしないように気を使っている様子も見られます。あえてビーチに行くことはなくても、日頃ウォーキングなどをするだけでもハワイの強い日差しの下では日焼けしてしまうので、大きな帽子をかぶったり、暑い中長袖を着たりして予防。

また日焼けが体に悪影響を及ぼしやすい白人の人たちは、特に気を付けているようです。もちろん紫外線はどんな人種の人にも悪影響を及ぼす可能性があるので、健康上の理由で気を付けるようになった人も多く、皮膚科などでは問診で「普段からきちんと日焼け止めを塗っていますか?」と聞かれたりします。

日焼け対策、あれこれ

サンスクリーン(日焼け止め)は、一年を通してロコの必需品。
サンスクリーン(日焼け止め)は、一年を通してロコの必需品。
日焼け対策にぴったりな便利なチェアも。アウトドアには手放せません!
日焼け対策にぴったりな便利なチェアも。アウトドアには手放せません!
日焼けは遠慮したくても、青い空と明るい日差しが魅力のハワイ、やっぱり外には出たくなります。また、日常生活を送るだけでも日焼けは避けられないので、どんなにインドア派の人でも紫外線対策は考えなければなりません。

一番必要なのは、もちろん日焼け止め。ハワイのドラッグストアやスーパーマーケットなどでは、一年中いろいろな種類の日焼け止めが売られています。我が家でもクリームタイプ、スプレータイプ、ウォータープルーフのものなどいろんな種類を常備していて、いざというときいつでも塗れるようにバッグや車にも入れてあります。

日焼け対策だけでなく、暑さ対策としてもよく登場するのがタープテントや屋根つきのチェア。デパートのアウトドア用品売り場やスポーツショップなどでは、日焼けをせずに上手に太陽と付き合えるいろんなグッズが売られているのです。

余談ですが、日本では女性の必需品とも言える日傘は、ハワイではほとんど見かけません。使っていると不思議そうな目で見られるので、覚悟が必要です…。

前の画面に戻る
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する

最近の記事

オアフ島ノースショアへ 07.02.
ツーリストにも人気のエリア、ノースショアの魅力
不滅の人気 パンケーキ 06.18.
行列ができる人気店「エッグスンシングス」へ行ってきました
ロコの朝ごはん 06.04.
早起きロコたちはこんな朝ごはんを食べています
電車開通はハワイの悲願 05.21.
電車のない島ハワイで、長く続く開通論争
在住中国人の台所、チャイナタウン 05.07.
中国人のパワーが感じられるハワイのチャイナタウン


s