サイトトップ 前の画面に戻る
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する
2009.03.13.更新

進化するハワイのスイーツ

甘い!色がキツイ!食べられない…

B級スイーツの代表格である「ココパフ」。甘すぎるくらい甘いのが魅力?
B級スイーツの代表格である「ココパフ」。甘すぎるくらい甘いのが魅力?

 ハワイに住むようになって数年の間、ケーキを食べることはありませんでした。初めて食べたハワイのケーキが、衝撃的な味だったからです。見るからにドギつい色のクリームで飾り立てられ、ひと口食べるとまるで砂糖がジャリっと音を立てるようなこってこての甘さ…。それ以来、ケーキは日本に一時帰国したときのお楽しみすることにしていました。

 ケーキはイマイチですが、ハワイのB級スイーツと呼ばれるものはなかなかの評判。代表的なものでは、揚げたドーナツに砂糖やシナモンをまぶした「マラサダ」や、ココア味のカスタードが入ったシュークリームに、さらにクリームをのせた「ココパフ」、アイスクリームやモチ(だんご)をトッピングして食べるのがお決まりの「シェーブアイス」などなど。ロコの食生活からは切っても切り離せないスイーツで、どれも確かにおいしい。でも日本のスイーツに慣れた舌を持つ私には甘すぎるように感じられ、スイーツそのものから遠ざかった生活を送っていました。

 

ロコもお気に入りの日本発スイーツ

見ているだけでもうっとり。こんな繊細なスイーツがハワイで食べられるようになるなんて夢のよう!
見ているだけでもうっとり。こんな繊細なスイーツがハワイで食べられるようになるなんて夢のよう!

 ところが2年ほど前から、アラモアナ・ショッピング・センターの「パティスリー・ラ・パルム・ドール」、ワイキキなど今やホノルルに3店舗になった「サチューラ・ケーキ」など、おしゃれなケーキ・ショップが、次々とオープンしたのです。しかも日本人のお眼鏡にもかなう繊細なお味。それもそのはず、どちらも日本人オーナーが経営するケーキ・ショップなのです。

 私たち在住日本人は大歓迎するものの、今までこってりと甘いスイーツを食べてきたロコに受け入れられるのかしら…、なんて最初は心配していました。ところが今では、お客さんのほとんどはロコなのではないかというほど。な~んだ、やっぱりハワイの人たちも、こんなスイーツを待ってたんだ!

 おいしいスイーツをいつでも食べられるようになってうれしい反面、食べ過ぎに注意しようと心に誓う今日この頃です。

前の画面に戻る
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する

最近の記事

オアフ島ノースショアへ 07.02.
ツーリストにも人気のエリア、ノースショアの魅力
不滅の人気 パンケーキ 06.18.
行列ができる人気店「エッグスンシングス」へ行ってきました
ロコの朝ごはん 06.04.
早起きロコたちはこんな朝ごはんを食べています
電車開通はハワイの悲願 05.21.
電車のない島ハワイで、長く続く開通論争
在住中国人の台所、チャイナタウン 05.07.
中国人のパワーが感じられるハワイのチャイナタウン


s