サイトトップ 前の画面に戻る
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する
2009.01.30.更新

ロコ流バーベキューの楽しみ方

バーベキューはパーティーの定番!

「久しぶりにちょっと集まる?」だとか、「バースデーパーティーをしよう!」など、何かにかこつけて会を開くときの定番といえば、バーベキュー。週末になると、アラモアナなどのビーチパークでは、あちこちにバーベキューを楽しむグループの姿が見られます。ハワイでは、サーフボードを積んだりと、何かと大きな荷物を運ぶことが多いせいなのか、乗用車のトラック率が高いのが特徴。バーベキューのグリルやテント、テーブル、大きなクーラーボックスなどをひょいと詰め込んで、どこへでもバーベキューをしに出かけていくのです。
また、コンドミニアムではプールサイドにバーベキューグリルがついているところが多く、プールで遊びながらバーベキューを楽しむ、というスタイルも一般的。庭付きの一軒家なら、一家に一台バーベキューグリルがあると言っても大げさではないかもしれません。

バーベキューグリルさえあれば、いつでもどこでも楽しめちゃいます。これはちょっと小さめのグリル。
バーベキューグリルさえあれば、いつでもどこでも楽しめちゃいます。これはちょっと小さめのグリル。
どかーんと大胆に焼くのがハワイ流。ソーセージはホットドック用に。
どかーんと大胆に焼くのがハワイ流。ソーセージはホットドック用に。

準備はダイナミックに!

ダイナミックなサイズのお肉。バーベキューの前にはCostcoなどで仕入れるのがお約束。
ダイナミックなサイズのお肉。バーベキューの前にはCostcoなどで仕入れるのがお約束。
バーベキューが年中行事になっているロコにとっては、準備はお手のもの。今や日本にも進出するCostco(日本では「コストコ」と呼ばれていますが、どちらかというと発音は「カスコ」)や、Sam's Clubなどの会員制の大型スーパーで、ビッグサイズのお肉をどどーんと仕入れます。
バーベキュー・パーティーを開くときは、日本で言う鍋奉行のように「バーベキューならまかせといて!」的な幹事が取り仕切ることもあれば、「ポットラック」と呼ばれる持ち寄り制の場合もあり。バーベキューに限らずハワイではよく「ポットラック」でのパーティーが行われます。手馴れたロコたちはメインディッシュ、サラダ、デザートなどの担当を決めて、それぞれが持ち寄った料理でパーティーを開く、という楽しみ方をするのです。

味付けのポイントはバーベキューソースにおまかせ

ハワイのメーカーが販売しているバーベキューソースは種類が豊富。「Sugoi」のソースは、その名のとおりすごくおいしくてオススメ。
ハワイのメーカーが販売しているバーベキューソースは種類が豊富。「Sugoi」のソースは、その名のとおりすごくおいしくてオススメ。
バーベキューには、用意する人のオリジナリティが表れるもの。とうもろこしやポルタベラ・マッシュルーム、アスパラガスなどの野菜をたくさん焼いたり、エビやサーモンなどのシーフードを多めに取り入れてみたり、ひと口にバーベキューと言っても、いろいろなバリエーションがあるのです。
そして一番のポイントは、肉の味付け。バーベキュー大国(?)ハワイらしく、オリジナルのバーベキュー・ソースがあれこれ売られていて、使うソースを変えてみるだけで、また新鮮な味のバーベキューが楽しめるというもの。これでまた次の週末も、飽きずにバーベキューをするぞ!というワケです。
前の画面に戻る
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する

最近の記事

オアフ島ノースショアへ 07.02.
ツーリストにも人気のエリア、ノースショアの魅力
不滅の人気 パンケーキ 06.18.
行列ができる人気店「エッグスンシングス」へ行ってきました
ロコの朝ごはん 06.04.
早起きロコたちはこんな朝ごはんを食べています
電車開通はハワイの悲願 05.21.
電車のない島ハワイで、長く続く開通論争
在住中国人の台所、チャイナタウン 05.07.
中国人のパワーが感じられるハワイのチャイナタウン


s