サイトトップ 前の画面に戻る
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する
2010.02.12.更新

恋人同士だけじゃない!気持ちを贈り合うバレンタイン

バレンタインはチョコレートだけじゃない

この時期のカードはバレンタイン一色。カードだけを贈っても気持ちは十分伝わります。
この時期のカードはバレンタイン一色。カードだけを贈っても気持ちは十分伝わります。
やっぱりチョコレートはバレンタインの定番。
やっぱりチョコレートはバレンタインの定番。
日本では女性から男性にチョコレートを贈るという習慣が定着しているバレンタイン。「義理チョコ」などもあって必ずしも恋人同士だけのイベントではないけれど、男女の間で行われるものであることは確か。

でもハワイ(アメリカ)では、ちょっと違っています。夫婦や恋人同士など男女間はもちろんですが、親子や友人同士、お世話になっている先生や上司など、広い意味で相手を想う気持ちを贈り合う日なのです。

日頃から記念日や行事などではカードを贈り合う習慣があるアメリカでは、バレンタインにもカードは欠かせません。カードの種類も「For Her/Him」、「For Dad/Mom」などいろいろあることからもわかるように、老若男女誰にでも意味のある日なのです。

プレゼントとして贈り合うものも、さまざま。チョコレートはやはり一般的ですが、花束やクッキー、アクセサリーなど、これといった決まりはありません。大人だけでなく、子どももお友だち同士でちょっとしたお菓子を交換し合ったりもします。

プレゼントの大きさ=愛情の大きさ?

女性はバラの花をもらうとやっぱりうれしいもの。
女性はバラの花をもらうとやっぱりうれしいもの。
ハワイで会社勤めを始めたばかりのバレンタインの日、同僚の女性にダンナさまから大きなバラの花束がオフィスに届けられたのを見て、とても驚きました。バレンタインには女性が男性にチョコレートを贈るものだと思い込んでいた私にとっては、まさにカルチャーショック!

その後知ったのですが、男性がパートナーである女性の勤め先に贈り物を届けるのは、ごく普通に行われていること。バレンタインの日には、誰に届く花束が一番大きいか、オフィス内では女性のひそかな競争もあるとか、ないとか…。またバレンタインデーにはスペシャルメニューを用意しているレストランも多く、ディナーに出かけるのも一般的です。

イベントや記念日を大切にするアメリカ人。街には「Happy Valentine's Day!」と挨拶が飛び交い、みんながワクワクする一日なのです。
前の画面に戻る
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する

最近の記事

オアフ島ノースショアへ 07.02.
ツーリストにも人気のエリア、ノースショアの魅力
不滅の人気 パンケーキ 06.18.
行列ができる人気店「エッグスンシングス」へ行ってきました
ロコの朝ごはん 06.04.
早起きロコたちはこんな朝ごはんを食べています
電車開通はハワイの悲願 05.21.
電車のない島ハワイで、長く続く開通論争
在住中国人の台所、チャイナタウン 05.07.
中国人のパワーが感じられるハワイのチャイナタウン


s